UBEビエンナーレとは?

緑と花と彫刻のまちとして知られる山口県宇部市。宇部市では、戦後の復興期、まちの美化と心の潤いを目指す「緑化運動」「花いっぱい運動」が展開される中で、自然と人間との接点としてまちに彫刻を置こうという「宇部を彫刻で飾る運動」が市民運動として広がり、これを受けて、1961年に大規模な彫刻展「宇部市野外彫刻展」が開催されました。

以来、名称を変えながらも2年に一度のビエンナーレ方式により開催を続け、2011年の第24回展で通算26回、50周年を迎えました。21世紀に入ってからは、国際展形式を取り入れ、海外作品も積極的に募集しています。

現在、UBEビエンナーレを通して築き上げてきた野外彫刻コレクションは200点に及びます。ときわ公園を中心に、様々な公共空間に設置され、市内広域に広がる巨大な美術館として楽しむことができます。その膨大なコレクションからは、戦後日本の社会情勢や思想の変遷を反映する野外彫刻半世紀の歴史を感じることができます

お問い合わせ

UBEビエンナーレ運営委員会

宇部市UBEビエンナーレ推進課
〒755-0001 山口県宇部市大字沖宇部254番地(ときわ湖水ホール)
TEL 0836-51-7282 
FAX 0836-51-7205
E-mail:ubebiennale@city.ube.yamaguchi.jp

INFORMATIONニュース・お知らせ

投稿はありません。

ピックアップイベント